活動について

大学地域をつなぐ架け橋となるために

地域参加型研究推進室

地域参加型研究推進室

 本学がこれまで実施してきた地域内での諸活動を基盤としつつ、地域内の多様なコミュニティと相互に有益なパートナーシップを構築します。そのために地域社会の諸課題に関係するすべての人を研究パートナーとして受入れ、鳥取大学の教職員・学生と地域のパートナーがそれぞれの有する専門知識や経験を発揮することで、互いの強みを生かして地域の課題を発見し、解決策を探索する地域参加型の研究アプローチを推進します。

地域連携PBL推進室

地域連携PBL推進室

 学生が地域に関する知識や関心を高め、実践的なスキルを身に付けることのできる地域志向型人間力育成プログラムとして、地域から持ち込まれた問題の解決に学生グループが主体的に取組む、課題解決型学習(problem/project based learning、PBL)を始めとした地域実践型教育の全学的展開を推進します。また、地域実践型教育活動、特色ある学生教育や生涯学習・リカレント教育を試行する取組みを支援・推進するとともに、本学が戦略的に取り組んでいる地方創生を目指した教育研究プロジェクトのうち、教育的・啓発的な取組みを管理・推進します。

エクステンション推進室

エクステンション推進室

 本学はこれまで、地域と密接に関わりながら教育・研究活動を積極的に展開してきました。これらの活動成果を活用して、地域住民に生涯学習や社会人教育・リカレント教育の機会を提供し、地域社会に貢献します。公開講座(講義形式のサイエンス・アカデミー、ワークショップ型のTORIDAI EDGE)を主催するとともに、本学が保有する知識・技能等を多様な形態で地域住民に発信する、本学の教職員と学生による取組みを支援します。

地(知)の拠点大学による地方創生推進室

地(知)の拠点大学による地方創生推進室

 文科省補助事業「地(知)の拠点整備事業(Center Of Community(COC)事業、平成25〜29年度)」及び「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(Center Of Community Plus(COC+)事業、平成27〜31年度)」を実施し、補助終了後も事業の継続、発展を推進します。

 COC事業では、県内自治体との連携に基づき、地域志向型人間力教育プログラムの開発による「地」的好奇心に満ちた人材の養成と、本学における教育、研究、社会貢献の諸領域の活動を有機的に関連付けた「知の発展的循環プロセス」を構築し、展開します。COC+事業では、本学を中心に県内の高等教育機関が連携し、地域社会が求める人材の育成に向けた教育カリキュラムを構築し、地方公共団体や企業等との協働を通して、魅力ある就業の場を創出・開拓することにより、地方創生に資する人材の地域への集積を図ります。

企画管理室

 各推進室の業務の企画・支援及び総括・管理並びに地域との連携の推進及びそれらを通じた社会貢献に関する業務を担います。

コミュニティ・デザイン・ラボ

コミュニティ・デザイン・ラボ

 コミュニティ・デザイン・ラボは新機構による様々な活動をスムーズに、そして活発に行っていくための拠点です。地域と鳥取大学をつなぐ入り口としての機能を担うため、正門を入って最初に目につく場所である広報センターに設置しました。地域の住民、学生、教職員をはじめ、様々な立場の方が使用することができます。地域と大学、学生と教職員、学生同士の出会いと協働による地域価値創造を促進するため、以下のような様々な工夫を施しています。

  • 建物の外側から中の活動の様子を見ることができたり、外部にウッドデッキを配して中と外の連続性を持たせたりするなど、人が入りやすい、集まりやすい空間としています
  • テーブル、イス、ホワイトボードなどを自由にレイアウトすることができ、様々なタイプの活動に対応できるようにしています
  • 議論やワークショップなどに活用することのできる様々なグッズや機材を使用することができます

 このような場を活用することで、次に挙げるような活動が活発に展開されることを期待しています。

  • 地域の住民と学生、教職員による相談、議論、話し合い
  • 地域と大学が協働するプロジェクト活動
  • 地域を対象とした研究、地域の問題解決に関連する研究
  • 地域と連携した教育活動、授業
  • 地域に向けた、または地域と連携したイベントや成果発表

 これらに限らず、利用者の皆様の要望やアイデアに応じて様々な取り組みを積極的に試み、地域と共に成長する場にしていきたいと考えています。

Top